サポセンで時間を無駄にするその前に

パソコンやスマホのことで、何かわからなくて困ったとき、皆さんはどうしますか?

一般的な対応としては、サポートセンターに電話をしますかね?

よく、代行というか、仲介でサポセンに電話することがありますが……正直言って、まったくつながりませんよね。つながらないと、なんだかもやもやしたまま、時間だけが過ぎて行って、その日の大切な予定が狂ってしまいませんか?

結局のところ、どうしてもサポセンでないと解決できない問題そこまで多くないですし、簡単な不具合というのは、特に保障もしてはくれません。

たとえば以前、私もメーカーに公式に対応を求めた「付属キーボードのドライバがおかしくてブルースクリーンが出る」というトラブルがあったんですが、メーカーのサポセンいわく「現状どうしようもない」でしたからね。「おい」と言いたくなりましたよ。

その日のやりとりまでの数十分、そしてつながらない(予定の合わない)数日間をささげても、そうなってしまうなら、困ってしまいますよね。

詳しい友人やご家族がいれば、そのほうが早いですし、もしいなければ、私もお力になれるでしょう。料金は、案件の難易度にもよりますが、無料や500円程度のものもあります。

何がどのぐらい大変だとか、(人間にできうる)最低限でどのぐらいの時間がかかったとか、どのぐらい助かったとか、そういうことを相談して決めましょう。

お友達にでも電話するような感覚で、solvitzの事務所まで、遠慮せずお電話ください。

044-933-1578 solvitz 新渕 啓太(ソルビッツ にいぶち けいた)

久々の更新

時代はもう2016年ですね。

前回の更新から、どれだけ時が流れたことでしょうか。話題としても古くなりすぎたので、とりあえず、すべてを一掃するところから始めることにしました。

技術の変化を追い、スキルも磨いてきてはいたものの、そのなかで、どれが自分に適し、お客さまの利便性が高く、成果がでるものなのかが、いまいちわからず、とりあえず試行錯誤という感じでもなく、日々の業務を淡々とこなしてきたわけですが、そろそろ次の一手を打ちたいと考えています。

価値として「これは小さな会社にも利益がある」と思えることに絞って、やっていきたいとおもっています。

2013年あたりでは、まだ肌では感じられなかった、スマホで快適に使用できる、「アプリ的なWebサイト」についても、自ら使用していくなかで「これは便利で、これはいまいち」というような基準が、いよいよ明確になってきた気がします。

私事ではありますが、実は、先日、最愛の母を亡くしました。母は、私の事業を認めてくれつつも、私が経営上の「リスク」を犯すことや、周囲に協力を仰ぐこと(迷惑をかけること)を、非常に恐れていました。

私ももう、いい大人なのでそのあたりの分別はあるのですが、特に父が保険代理店をやっていたときも、そういう問題に対して過敏であったことを見てきている手前、少し思い切ったこと、本当にやりたったことが、やりづらかったということは、少なからずあります。

大きなことをがしたいわけではありませんが、結果大きなことになる予感はあり、たったひとつのきっかけがつかめれば、無限に広げられる気がするので、ぶれずに頑張っていきたいと思っています。